集合住宅

不動産の空室対策を行う|入居者を増やすための知識

民泊として人気

つみき

airbnbは多くの人に人気があるサービスです。個性的な部屋を借りることもできますし、物件によってはペットも可能です。旅行を楽しいものにするために、airbnbの利用を検討してみるといいでしょう。

入居者を選ばない

男の人と女の人

近年では空室に悩んでいる不動産も多いでしょう。空室が多いということは不動産で得る収入が減ることに繋がります。空室に悩むのなら、空室対策を管理会社と相談するといいでしょう。自身が所有している不動産の空室対策を行うのならポイントを抑えておくことが大切です。空室がなかなか埋まらないのなら、入居者のハードルを下げましょう。最近、空室対策として外国人入居者を積極的に受け入れている不動産が増えました。不動産投資をしている人の中でも先入観から外国人を断っていることが多いといいます。そのため、外国人入居者を募集するだけでも空室対策になるのです。確かに外国人入居者は常識やモラルの不足で近隣の住民とトラブルになってしまうケースも沢山あります。ですが、根気よく生活のルールを説明することで基本的に解決することができます。心配ならば、入居の契約の際に通訳を立てるといいです。
空室対策を行うのなら、物件の敷金と礼金を下げてみるといいでしょう。入居する時に一番お金がかかるのが初期費用です。敷金や礼金を下げるだけでも、入居を希望する人は増えることでしょう。また近隣の物件と比較してみるのもいい手段です。周りにもっといい物件があれば、そちらを選ぶのが普通でしょう。他の物件に負けないようにするためには住みやすさをアピールするほかないのです。より入居者が快適に過ごせるように環境や制度を考えてることで空室を埋めることができるでしょう。

マンション経営

集合住宅

マンション経営は投資方法の中でも景気によって、価値は変わらない投資方法です。また、不動産収入であるから、様々な税金を節税することができます。もしも、マンション経営を行うのなら、団信に加入しましょう。

契約を行うのなら

貯金箱

賃貸経営を行うのなら、家賃債務保証サービスを利用するといいでしょう。家賃債務保証サービスは住民や大家さんにとってもメリットがある制度なので活用することを考えるといいです。